2017年5月26日 (金)

地縁でしょうか?

我が家から100メートルも行かない間に、

児童文学者協会の会員の方が二人いる。

お一人は評論、もうお一人は翻訳の分野で活躍中だ。

このお二人のことを教えてくれたのは、

我が『あほくさ』のデーターベースと言われている濱野さん。

「ねぇ、すごく似た住所の人がいるんだけど……。

それも二人も……」

名簿を見てみると、確かにご近所さんだ。

しかし、ここの住宅団地は、住所番号が不規則。

探し当てるのは至難の業(?)

それでもお二人と顔見知りになり、お家を教えてもらう。

すっぴんで、サンダル履きで行ける距離。

おまけに、お二人とも、自然が大好き。

かたや、開園間近の菖蒲園(5月末から開園します。お近くにいらした折にでもお寄りください)で、解説ボランティア。

かたや、ムササビが飛んで、おまけに交尾したとの情報をくれる。

同好、同分野の仲間がご近所にお二人。

不思議なご縁だ。

 

そういえば、と思いだす。

ここに越してきてすぐ、もう20年前になるけれど、

友人から、

「ねぇ、すごく似た住所に先輩がいるんだけど……」

慌てふためいて探し当てたお家はほんの50メートル先。

おそるおそるピンポンを押す。

先輩だ。

おまけに、長男どうしが同年齢。

引っ越ししてきたばかりのこの土地。

不思議なご縁だ。

 

そして、その先輩と我が家の間にもう一人。

小学校一年生のころから、我が家の屋根裏の本部屋に忍びこんで本を読んでいた、娘の友人の妹さん。

ステキな女性になって、そして、原稿用紙500枚近いファンタジー大作を持って、私の前に10年ぶりに現れた。

今では同じ同人サークルの仲間だ。

 

これを地縁と言わずに何を言うんだろう。

緑あふれるこの場所で、不思議な思いにかられている。

 

              by にしがき

2017年5月25日 (木)

タイ旅行アルバム

旅行については、故郷の浜の方に記事を書きました。

ということで、こちらは、別の写真を。

 

到着した日。BTSの駅に向かう途中。なぜかくまモン。

Photo_2

オープンセレモニーの一場面。やっぱりゾウさんです。


Photo_20

大会会場となったTKパークの一角。遊びながら学べるライブラリー。
すてきな空間。でも、大会で利用できなかったのかなと思うと、申し訳ない気もします。

Photo_3

宿泊したアーノマホテル。滞在中、移動がないって楽ですね。

Photo_6


散歩の途中で見かけたビル。

Photo_8

 

訪問した保育所で、日本の手遊びを披露している様子。

Photo_9

路地にいたネコ。ほかにも何匹も。

Photo_10

マレットファンでMさんの説明を聞く。

Photo_11

紙芝居について語ってる様子。英語による実演もなさってました。

Photo_14

ココナツファームのジャックフルーツ。でかい。

Photo_16

象に乗りながら撮ってみた。揺れる…。

Photo_18

水牛。

Photo_19


by 濱野京子

2017年5月14日 (日)

無事帰国しました。

9日~11日のIBBYアジアオセアニア大会に参加するため、タイのバンコクに行ってきました。

本日、午前中、無事帰宅しました。


大会以外にも盛りだくさんのできごとがあり、充実した旅行となりました。


報告は追々。

とりいそぎ、写真を何枚かアップします。


大会のカルチャーナイトのアトラクション。

Photo_7


6人で、郊外の一日観光。ゾウに乗りました。

Photo_4

水上マーケット。

Photo_5

 

by 濱野京子

 

2017年5月10日 (水)

カモシカがでた!

きのうの朝、子供の通っていた小学校にカモシカがいた。

校庭のはしっこにケモノの姿。

すわ、イノシシか? と思ったら足が長い。

ぬっとした立ち姿、これはカモシカだ!

すぐに、おまわりさんがアミを持って追いかけはじめた。

なぜに、アミ?

「なにしてるの?」と、カモシカの怪訝な表情。

すぐにぷいと横を向いて、川沿いの道をとことこと退散していった。

 

小学校の近くの山の中でカモシカをつい最近見た。

きっとそのカモシカだ。

遊びにでも出てきたのだろうか……。

 

むかし、通学路のカキの木に、

野生のはぐれザルが出たことがあった。

このときは、

興奮したサルが枝や葉っぱを子どもに投げつけたので、

急きょお迎え騒ぎになった。

おまわりさんは、そのときもいた。

長い棒を持って、サルのいるカキの木のそばに立っていた。

サルは猟友会の人の手で山に返されたと聞いた。

 

山も川も近くにあるわたしの住んでいるこの青梅。

野生の生きものたちが姿を現すこともある。

そのたびに、びくびくしながらも、心のどこかで安心する。

いっしょに生きている安心感。

それが自然と共存することなのだろう。

 

ムササビも元気に鳴き騒ぎ、飛び回っている。

もうそろそろホトトギスが飛んでくるころだ。

忙しくなってきた。

今日も、散歩しながら、見をすまし、目を見開き、

五感を研ぎ澄まし、体中で気配を感じながら、

あたりを見回すことにしよう。

 

                  by にしがき

2017年5月 7日 (日)

14日まで不在です(濱野)

今年のゴールデンウィークもあっという間に過ぎていきました。

5日の上野の森親子フェスタでは、児文協もブースを出し、多くの書き手がサインセールを行いました。
田部智子さんはワークショップを行い、お子さんたちに大人気でした。

さて、取り急ぎ野お知らせ。
濱野は、明日8日から14日まで、国外脱出をはかります。
電話も不通になります。
おそらく着信メールは確認できるかとは思いますが、返信がなくても、どうぞご心配なく。

濱野京子

2017年4月28日 (金)

盆栽

所用があって大宮駅を通りかかると、駅構内に松のマークがちらほら。
あらやだ、おそ松さん二期のキャンペーンかしら、と思いきや、駅通路に盆栽が!
Img_0001_convert_20170428154633

おぉ……。金賞。……なんというか、枝振りがいいですね~(しったかぶり)……。
 「第8回世界盆栽大会inさいたま市 」のキャンペーンのようです。
なんでも世界盆栽大会、28年ぶりに第一回開催地であるさいたま市に、戻ってくるそうです。
盆栽というと、昔はお年を召した方の趣味と思っておりましたが、いまはいろんな愛好家の方がいるんですね。駅の展示に前でも、沢山の人が足を止めて見入っていました。
見ていて不思議な気持ちになる盆栽。日本の美意識って、いいな~と思いながら、私も少しの間、小宇宙を味わってきました。

by 佐藤 佳代

2017年4月23日 (日)

講演会のご報告

もしかしたら雨?という予報がでていました。

はじめての講演イベントも雨……。

わたしって雨女?

前日の夜、急きょテルテル坊主を作ってつるしました。

 

講演会当日、曇り空ではありましたが、

なんとか雨粒はおちてきませんでした。

 

4月22日 14:00から、

青梅中央図書館のイベントホールで、

講演会を行ってきました。

一時間程度、自著の紹介を交えてお話してきました。

図書館のみなさんによる温かい雰囲気の会場、

そして私の地元の青梅のみなさんや、

顔見知りのみなさんの温かい視線の中で、

なんとか一時間、お話することができました。

 

足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました!

そして、書き仲間のみなさん、

とても大きな勇気をいただきました。

ありがとうございました!

都合で来られなくても、

応援してるよと声をかけてくださったみなさん、

本当にありがとうございました。

まだまだ反省が多々あったのですが、

おかげ様で盛会のうちに終了いたしました。

心よりお礼申し上げます。

 

            by にしがき

2017年4月16日 (日)

日中児童文学美術交流センター

中国の児童文学を研究、翻訳されている方や、中国に関心のある作家さんや絵描きさんによる団体です。

昨年、この会に入ろうかと思っていると、Nさんに告げると、それなら、4月に総会があるから、自己紹介がてら、何か話すようにいわれ、15日、総会敷設講演会ということで、一時間ほどお話をさせていただきました。題して、

 

「シノロジーの門前の小僧 絵本を訳す」

 

ふだんの図書館などでの講演と違って、かなり中国とのかかわりにシフトしたお話で、中国書籍専門書店で働いていた時のことや『はね』の翻訳にまつわる話、昨年の訪中の話などをしました。

こぢんまりとした会でしたが、会員ではない知人が2人、わざわざ聴きにきてくれました。

 

そして、なんと書店時代のお客さまだった、某大学のS先生に再会! まさか、こんな場所でお目にかかるとは。中国現代文学がご専門だったので、子どもの本の団体であるこの会にも所属されていたとは、まったく知らなかったので、大変驚き、また懐かしかったです。
S先生、お目にかかれてうれしかったです!

昨今、翻訳文学の点数が減っているという話を聞いてますが、その中でも、翻訳状況は“西高東低”で、たとえば、日本で翻訳される海外文学の多くは英語圏のものです。その次がドイツ語圏、フランス語圏。

もう少し、アジア(そして中南米やアフリカ)の本にも、関心が深まればと願っています。

日中児童文学美術交流センターに関心をお持ちの方がいらしたら、ぜひお声をかけてください。

 

その前日の14日、所用で上野に行きました。上野公園の桜は満開から一週間、花吹雪の中、多くの人が訪れていました。外国人の姿もたくさん。

Sinobazu201704

(不忍池。拡大していただくと、花びらが舞っているのがわかります)

 

by濱野京子

 

追記

4月前半の活動は、故郷の浜にちょっと書きました。

 

2017年4月 9日 (日)

講演会のお知らせです。

都心より、半歩ほど遅く、青梅でも桜が満開をむかえております。

今日はあいにくの雨。

それでも、たわわな花に、枝がしなっている風情は格別です。

 

講演会のお知らせです。

青梅市中央図書館で、4月22日(土)、

14;00から一時間程度お話させていただきます。

中央図書館は、青梅線、河辺(かべ)駅北口、徒歩1分です。

駅の北口をでて、

ペデストリアンデッキをトコトコと渡ってすぐのところにあります。

図書館入口の多目的ホールで行います。

お時間がありましたら、のぞいてください。

                 by にしがき

2017年4月 4日 (火)

お花見

先日、ちょっと早いけれど、お花見にいってきました。
いつもの四人で、西立川駅で待ち合わせ。目指すは、昭和記念公園。去年と同じです。

お目当てのソメイヨシノは、よくて三分咲き。でも、あちこちに、お花がたくさん。春休み中ということもあり、沢山の人が訪れていました。

あの花なに?これはなんだろう? 

ぞろぞろ歩きながら、あっちを指さしこっちを指さし。
四人のなかで草花に詳しいのは、にしがきさんです。
にしがきさんでもわからないのは、みんなで、名前が書いてあるプレートを探しますpout

川沿いに植えられた、陽光という品種の桜は満開でした。濃いめのピンクが綺麗cherryblossom

Img_2357_convert_20170404120322

田部さん撮影。お気に入りのユキヤナギ。
Img_2390_convert_20170404121116

これも田部さん撮影sweat01 これは~……なんのお花?tulipチューリップ?

Img_2391_convert_20170404121141

もっといい景色がたくさんあったはずなのに、帰ってきて自分の写真を見たら、しょんぼりなものばかりでした。眺めるだけで満足してしまったようで…。
広々とした場所をゆっくり散策して、心も体もリフレッシュしました。
新年度ですし、気持ちを切り替えて、頑張りますrock

Img_2383_convert_20170404120358

by 佐藤 佳代

«春です!

おねがい

  • このブログにいただいたコメントのうち、誹謗中傷の類、また管理人がふさわしくないと判断したコメントに関しましては、告知なく削除いたしますので、ご了承ください。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールフォーム

  • ↓返信が必要な方は、メルアドもご入力ください
無料ブログはココログ